計画の立て方

 

このサイトは「トップ」「受験テクニック」「計画の立て方」(今のページ)各教科勉強法」「質問」で構成してある。

ぜひ全てのページに飛んで全てのページを見てほしい。

 

絶対に損はさせない

 

大学受験において重要な計画。

その具体てくな方法について伝えていく。

私はこの計画なしでは受験は成功させることができなかった。

(自宅浪人であったからというのもある。)

 

ぜひ参考にしてほしい!

受験勉強計画の仕方

 

 

受験勉強においてメリハリはとても大切である。それはみんなわかっているのだが、たまにずっとオンの人もいる。私が高校3年生の時もそうだった。

 

そうしてしまうと、とても疲れてしまう。疲れ果てて勉強するのが嫌になって、

知識も頭に入ってこなくなって、とても辛い受験勉強になってしまう。

 

 

そうではなく、オフも大切なことである。

私の浪人の時の1日のスケジュールだ。

 

8:00  起床
   前の日にしたことを軽く復習
8:30  
  顔洗う、歯磨き、朝食、今日のノルマ決め
9:00  
  1コマ目
10:30  
  2コマ目
12:00  
  昼休憩
13:00  
  3コマ目
14:30  
  4コマ目
16:00  
  5コマ目
17:30  
  6コマ目
19:00  
  晩飯、風呂
20:00  
  自由時間
21:00  
22:00  
23:00  
24:00

 就寝

 

 

説明をする。

私はこのような1日の流れを決めはしたが、完璧にこれ通りにやったわけではない。

 

ある程度の指標として作った。

このように一日の予定を作ることをお勧めする。

これ通りしなくてもいいが、できるだけ近づけるようにすること。

 

朝食も含め朝の支度が30分しかないので、時には長くなりさえもした。

ここで大事なのは、一日のノルマを朝しっかり決めること勉強するという時間はしっかり集中して取り組むこと

 

勉強時間しっかり集中するということが大事なのはいうまでもないが、朝に1日のノルマを決めることは、その日の集中力を大いに助けてくれた。

 

受験勉強は時間ではなくて量が大切だ。

1日12時間勉強しようと頭に入った内容が、三時間本気になって頭に入れることができる量だったなら、その勉強時間は自質3時間だ。

 

あとで計画の仕方について伝えるがそこでも勉強は時間ではなく、量で考える。

受験勉強の計画が立っていれば、1日のノルマを決めるのも容易い。

ノルマを終えたら、そのあと時間が余っていれば、その時間は自分の好きなように過ごしていい時間とする。

 

映画を見てもいいし、漫画を読んでもいい。そのご褒美があることで、やる気も出るし、1日が充実する。

逆に終わらなければ、自由時間と決めた時間で穴埋めをすることにした。

 

このように余裕をもって予定を立てることは大切である。

パンパンに予定を立てない方がいい。

 

パンパンに予定を立ててしまうと、もし予定がずれてしまった時に立て直す時間がなくなって、やるせなくなってしまう。

 

そしてもう1つしたほうがいいのが、1日の勉強が済んだら、その日にした勉強を復習してほしい

これはとても大事なことで、復習をすると勉強の定着力も全然違う。

 

復習の仕方は、その日にした問題を答えを隠して頭の中で解く。

その日にした勉強が問題でない場合でも、自分で問題形式にして自問自答したほうが頭に入りやすいと思う。

 

これをこうしてこう解くという感じでいい。このとき紙に殴り書きしてもいいが、綺麗にノートにまとめるのは時間もかかるし、コスパが悪い。

そしてまた次の日の朝に簡単に復習する。

 

また1日のノルマが予定より早く終わった場合、好きなように過ごしてもいいが、次の日のノルマに進んでもいい。そうすれば次の日の自由な時間が増える。

これを繰り返して、1日勉強しなくていい時間を作ることも可能になる。

 

しかし、できれば1日何も勉強しない日は作らないほうがいい。なぜなら、1日何もしないと次の日勉強するのにより苦痛に感じてしまう。

確立していた勉強のリズムが狂ってしまう可能性ががある。午前中だけでも勉強したほうがいい。

そして、長い時間遊ぶのは二日連続遊ぶのは避けたほうがいいと思う。これも同じ理由だ。

 

 

 

勉強する習慣はついているのに、勉強が集中できない時、勉強したくない時、眠たい時、休憩を取るのも大切なことだと思う。

しかし、勉強する習慣がまだついてなくて、勉強したくないという場合は、まず勉強する癖をつけなければならない。

 

習慣がしっかりついている場合で、勉強できないのに無理やりやったって頭には入らない。

各自色々な方法で休憩していい。

 

しかし、そういう時携帯だけはオススメしない。

自分で前もって決めた休憩時間は、携帯を扱ったりするのはいいとは思うが、このような本来勉強する時間に取る休憩は、絶対にダメだ。

 

携帯を扱うと、時間が過ぎるのが早すぎる。それにメリハリつかずにずっと休憩してしまう場合が多かった。私は何回もこうやって、無駄な時間を過ごしてしまった。

 

いったん外に行ってみたり、風呂に入ってみたりしたほうが、携帯で過ごす時間よりも長く感じると思う。特に夕飯を食べた後、風呂に入るのは私は決まってやっていた。

夕飯を食った後はよく眠くなり、風呂に入ると頭がかなりリフレッシュされ、眠気も飛ばしてくれる。

 

 

自分の位置を把握しておくこと。

 

 

受験勉強において、自分の学力の位置を把握しておくことは重要だ。

目標は志望校の合格ラインを超えること。

 

今自分がどの位置にいるのかということを知っておかなければ、のほほんとして、あっという間に受験当日を迎えてしまう。

自分の位置を把握すると、焦りも生まれ、勉強への集中力も掻き立ててくれる。

 

自分の位置を把握する方法として、模試も大切だが、自分で勉強した内容を記録するというものもある。模試は順位などでて良い指針になるのだが、模試は実際の入試とは違うというのを頭に入れておいてほしい。

 

模試と実際の入試は傾向が違う。

模試でA判定とE判定とでは、もちろん合格に近いのは前者だとは思うが、A判定だから確実に受かるというわけではない。

 

私の周りで模試で京都大学B判定を取り、自慢しているものがいたが、浪人しているから安全圏を狙おうと神戸大学に下げ、センター試験に失敗したからさらに首都大学東京に下げ、それでも落ちて、私立に通うという人がいた。

 

模試も一つの指標になるのだが、100%信じていいものではない。冷静に過去問を分析して、何割取れたらいいのか把握して、それで計画を立て、勉強して合格できるのである。

 

それでも模試は受けるほうがいい

実際に緊張感を持って望むことができるし、アウトプットのいい機会でもあるし、今後のやる気にもなる。

 

自分の勉強法を見返すいい機会になるかもしれない。

それに、間違いがあれば、そうだったのかと新しい自分の知識も増える。計算ミスなどの重大さにも気づかされる。

自分の勉強した内容を記録するという方法だが、このまま進めたら合格できる!という計画を立てた後、実際にそれが予定通り進んでいるのか、どのくらい遅れているのか、知ることは大切である。

 

それによって計画を変えたり、受験勉強をより良い方向に持っていける。

それに復習しやすい。一週間の復習するときにどこからどこまでの復習をすればいいかがわかる。

 

私は記録、計画用のルーズリーフのノートを作って、毎日勉強の始めにその日のノルマを、勉強の終わりにその日の勉強した内容を書き込んで、ちょっとしたその日の振り返りをしていた。

 

具体的な計画の立て方

 

 

私の場合は、受験までの全体の計画、1ヶ月の計画、1週間の計画、1日の計画を立てた。

 

まず受験全体の計画について説明する。

受験までの残り時間を計算する。

現実的にどれくらいの時間があるのか、時間がないのにそれ以上の勉強をやろうとしても意味がない。

 

どのようにして数えるか。細かに考えなくていい。先のことなんて詳しくわからない。1日だいたい何時間時間があるのか考える。学校から帰ってくるのが、だいたい6時ならそこから飯風呂で1時間、12時には寝たいから、大体勉強時間は5時間。

 

そこで一週間は5日で考える土日は考えない1ヶ月は4週間で考える

受験までが残り10ヶ月なら

 

5×5×4×10=1000時間

(1日に勉強時間×1週間は5日×1ヶ月は4週間×受験まで10ヶ月=1000時間)

 

私の場合は1コマ1時間半としていたので       

1000÷1.5=666,6666  約667コマ

 

 

自分の受験に必要な教科を調べる。

自分の場合は数学、英語、化学、物理、国語、地理。

自分が目指す大学のセンター試験、二次試験との点数配分も調べておこう。

私の場合はセンター試験:二次試験=5:7だった。

私の志望していた大学は、センター8割、二次で6割取れば余裕だと言われていた。

年度によって違うのだが。私は二次メインで勉強した。

二次試験で必要なのは数学、英語、化学、物理。ウエイトをこの4教科において計画を立てた。

 

 

例えばだが、この場合だと

 

数学  130コマ

英語  130コマ

化学  130コマ

物理  130コマ

国語  60コマ

地理  87コマ   計667コマ

といった感じでウエイトを決める。

 

そこからそのコマ数でできそううな参考書を選んだ。

本屋で参考書を実際に見て、レベルの確認、そしてその参考書とこの参考書を選んだら、1日何ページやらなければならない、実際に可能なのかといった感じで選んだ。

参考書は「各教科勉強方法」のところで紹介する。

 

 

そうして年間の参考書を決め、だいたい一コマでどのくらいの量できるのかなどを考え、だいたい1ヶ月に終えなければならない量を書き出す。

 

そこから割る4をして、1週間にならなければならない量を書き出す。

同じように割る5をして1日にやらなければならない量を書き出す。

これがその日のノルマとなる。

 

だいたい1日のノルマが決まっていても、朝付箋に書き出して、終わったら勉強の記録をしているノートのその日の欄に貼り付けていた。付箋にするとその日のノルマがどれだけ残っているか一目でわかるし、その日の集中力を助けてくれた。

その日に終わらなければその付箋を残しておいて、次の日真っ先に終わらせるようにしていた。

 

週末にはその月に計画と照らし合わせながら、今の自分は遅れてないか、順調なのかを知り、自分なりに反省をかくようにしていた。

そのように自分の立ち位置を把握しながら勉強を進める。

 

 

時間が有り余っている場合の計画の立て方だが、逆で、先にやりたい参考書を決める。時間に縛られず、したい参考書を選んで、そこから、1ヶ月、1週間、1日にやらなければならない量を書き出す。先ほど紹介した計画の方法と逆だ。

 

 

 

はじめに計画を建てる時に、残り何日とか添える時があると思う。

一年なら365日。結構あるように感じないだろうか。

しかし、一年は約50週間しかない。入試まであと100日となった時、まだ時間はあるぞと思えるかもしれないけれど、100日とは約14週間しかない。短く感じると思う。

 

だから受験まであと何日と考えるんじゃなくて受験まであと何週間として、机の前にでも貼っていたらいいだろう。いい意味の焦りで勉強に集中することができる。集中力を支え、モチベーチョンを高めるちょっとした工夫だ。

 



このサイトを書いている人がどんな人なのか、どうしてこのサイトを書くにあたったのか。読んでいただけると、より信頼してもらえると思う。


受験において知っておかなければならないたくさんのテクニックを伝える!


各教科の具体的な勉強法やオススメの参考書を紹介する。ぜひ参考にして欲しい!


メモ: * は入力必須項目です